Author Archives: admin

ネイルスクールはカリキュラムの内容をチェックしてから選ぶ

ネイルスクールは初心者向けのものから上級者、起業や開業を目標にしているレベルまでカリキュラムが区別されています。
開業を目的にしている最終レベルとしてはネイルの成分の材料や成分、効果といった化粧品学の知識からエクステンションや実際のネイルの技術が上級の基準レベルに達しているかどうか厳しくチェックされることになります。
ネイルの資格試験がいくつかありますが、3級から1級までレベル分けされていることからも、レベルに応じた技術と知識が客観的に証明されていることも理解できます。
趣味で自分のネイルをケアするくらいのレベルであれば、通信教育でも可能ですし、短期間の集中講座などでも対応できます。
しかし実際開業を目的にしていたり、ネイルの世界で仕事をしていこうと考えた場合にはネイル検定の有資格者であることや、専門学校2年コースを修了しているといったレベルでないと難しくなるといえます。
ネイルスクール3級はネイリストとしての基本技術と知識を学ぶコースになっていますが、ネイルケア、マッサージ、カラーリング、ポップアート、ペイントアート、デコレーションアート、ジェルネイル、学科としてはネイルの歴史、爪の構造と働き、皮膚科学、生物解剖学、爪のトラブルと病気、消毒法、マッサージ理論、化粧品学、色彩理論と幅広い分野に及び、基礎コースでも72時間ほどのカリキュラムとなっています。

ネイルサロンコースは105時間、開業コースは210時間といった豊富なカリキュラムになっていることから、ネイルスクールでは2年の専修コースが基本となっています。
初級との違いはチップ&ラップ、ナチュラルスカルプチュア、フット、エアブラシといった爪をきれいに長く見せることのできる技術が身についていることです。
開業コースになると即戦力としてネイルサロンで働くことのできる能力が必要になりますので、チップオーバーレイ、3Dアート、エクステンションの上級アートとしてラメ、フレンチ、デザイン、グラデーションといった繊細な技術を身につける必要があります。
趣味で楽しみたい方は18時間程度の初心者向けのコースがおすすめです。
終了後にネイルスクールで上級者コースへスムーズに移行できるようにカリキュラムが組まれていますし、趣味としてネイルケアをするだけなら、簡単なジェルアートまでできるようになれば、十分だからです。
ほかに検定試験対策として40時間程度の特別カリキュラムがあります。
ネイルスクールでは実際にネイリストとして活躍している方が技術のブラッシュアップを目指して認定講師試験のためのレッスンを受けることもできるようになっています。
流行のジェルネイルはジェルネイルだけで検定対策講座が組まれています。

ネイルスクールの見学について

ネイルスクールとはネイルを学ぶことができる学校のことで、夢はネイリストになりたい人が多く入ってきます。男性よりも女性の方が入学する人が多く、人気の学校となっています。そんなネイルスクールですが、見学はできるのかとても気になります。どんな校風なのか、先生はいい人なのか、生徒たちの仲はいいのか、就職率は高いのかを体験して分かることができます。もっと詳しく知りたい人はパンフレットをもらうことができます。パンフレットの中には、詳しいことは校長などが載っているので安心することができます。通信講座としても独学でネイリストになることもできますが、ネイルスクールに通った方が、制度もきちんとしているのでネイリストについて理解しやすいです。ちゃんと理解した上できちんとしたネイリストになりたい人におすすめです。通信講座だと、一緒に競い合える仲間がいないためついつい怠けてしまうことがあります。その点通うことのできる学校は、同じ夢を持った仲間が近くにいることで、一途に夢を追いかけることができます。昼間通えることができない人は、夜間の学校があるため、働きながらでも頑張ることができます。自分のニーズにあった学校に入学することができます。

ネイルスクールを見学するとき、一人だとどことなく気が乗らない人は、家族や友達を連れて一緒にネイルスクールを見ることもできます。誰かがそばにいてくれるだけでホッとすることができます。一緒に入学することもでき、競い合うこともできます。予習として、自分の爪を使ってネイルをする場合もあります。ですが、自分の爪を使ってネイルをすることは難しいので可能な限り、代役を立ててネイルをするのが適切です。無料で友達や家族の爪を綺麗にすることで、持ちつ持たれつの関係を築くことができます。実際に実習をするときには、プロのネイリストの先生が講師として教えてくれることがあります。実際に技を見せてくれるのでメモ帳とボールペンは必要不可欠です。わからないところがあったら、質問することができ、その質問に応じた答えを述べてくれます。美容師の学校と同じで実習が多く、自分の能力を試すことが多いです。他にも、コミュニケーション能力が高い人がネイリストには向いているとされています。コミュニケーション能力が低いと、お客さんと交わす何気ない会話ができなくなります。コミュニケーション能力を伸ばす方法も授業に組み込まれているので安心感があります。無事卒業する人が多いとされています。

ネイルスクール認定校とはなにか

最近ちまたでは、お若い人から高齢者まで人気のネイルがあります。
女性ならいつまでもきれいでいたいのは当たり前なことです。服装や髪型に気をつかって、おしゃれするのは自然なことですが、近ごろは、爪のお手入れも目を引くのが現実な今日このごろです。さて、ネイルケアをしながら、きれいなネイルで日々過ごすのは、心身ともに充実し、毎日がうるおい楽しく過ごせること間違いないでしょう。ネイルのおしゃれに目覚めたら、人にネイルケアしてもらうのも良いですが、自分の身体のことです。自身でネイルケアしてみたくなるかもしれませんね。爪が健康でなければ、ネイルをきれいに保つことは不可能です。さて、ネイルに関心がでてきて、もし勉強したいと意欲がでてくれば、忙しい時間の合間をぬぐって、ネイルスクールに通ってみてはいかがでしょうか。ネイルのことが少しずつ勉強できますし、身に付きます。そしてそれは、ご自身のためにもなりますね。ネイルスクールでは、勉強を終えると認定校になれるコースも用意されているので、興味がある方は、そちらのコースも調べて聞いてみるのもいいかもしれません。きれいな健康的なネイルで、毎日楽しく過ごすごとができます。

さて、スクールに興味がでてくれば、まず、インターネットでネイルスクールを調べてみましょう。
通いやすい場所にあるか、自分が勉強したいコースがあるか、そして一番心配になる、費用なども見てみましょう。コースやレッスン内容によっては、少々違ってきますので、自分が何を習いたいか、そして何になりたいかなどを、考えながら探していくと良いでしょう。さて、認定校を開く前に、認定講師になるのが重要です。認定講師になるには、ネイルスクールなどで勉強し、そして、試験を受けて認定資格に合格すると、与えられる資格です。一生懸命勉強し、資格を取って認定講師になれば、色々な活動が行えます。さて、認定校になると、生徒さんにネイルの勉強をしてもらえる、教育の現場になります。ネイリストを育てる大事な教育機関です。質のよい教育機関であり続けるために、生徒と一緒に、ネイルについての勉強は、どんどん深めていかなければなりません。高度な技術を提供し、レベルの高い教育を受けてもらえることが、喜びでもあります。ネイルスクールに興味があるなら、ぜひ認定講師となって、認定校を開いていってください。そして、プロのネイリストを世に送り出してください。

ネイルスクールの評判を簡単に知りたいなら

ネイルサロンを初めとした、女性相手の職業であるネイリストやネイルアーティストになりたいと考えている方は、ネイルスクールに通ってプロの技術を取得する必要があります。ネイルスクールは日本中のいたるところに存在しており、わざわざ上京せずとも地元にあるスクールを探して通えるといった点から、比較的ネイリストやネイルアーティストになることが今の時代は容易だと言えるのです。
ネイルには国家資格が存在しておらず、無資格の方であっても技術さえあれば業務に従事することが可能となっています。つまり無資格者が顧客のネイルに色を施したとしても法に触れるようなことはないのですが、有資格者と無資格者とでは技術力に明らかに差があると言われているため、ネイリストやネイルアーティストを目指すならまずはネイリスト技能検定試験という日本ネイリスト試験センターが実施している検定を受けるべきだと言えるでしょう。
このネイリスト技能検定試験に合格するための技術やノウハウなどをネイルスクールでは学べるようになっているのですが、残念なことに授業内容の質が低く、授業にかかる料金だけが高いといった評判のよろしくないネイルスクールもあるため注意が必要です。

では安心して通えるネイルスクールはいったい何処なのかといった、スクールごとの評判を知りたいならどのような手段を利用すればいいのかというと、インターネット上に存在しているネイルスクールの口コミサイトを閲覧すればいいと言えます。
ネイルスクールが宣伝目的で開設している公式ホームページからは確認できない、実際に生徒として通っている方からの情報や評判などを記事形式で閲覧できるようになっている口コミサイトというのは数多く存在しています。上手に活用すれば自身が通うかどうかで迷っているスクールの良し悪しを調べられるだけでなく、明らかに悪質で入学を取りやめたほうがいいスクールの名前を知ることも可能となります。パソコンやスマートフォンなどで簡単に情報収集ができますので、時間や人目を気にせず自由に必要な情報に触れられるものと想像しておいてください。
ネイルスクールは実際に入学する前の段階で資料やパンフレットを取り寄せたり、体験コースが受講できたりしますが、さらにその前の段階で口コミサイトで評判や評価を確認しておくことをおすすめします。体験コースを受けるにしても、本当に安心して通えるスクールに予め絞込みをかけておいたほうがいいからです。